問題集を極める4つの方法 その2

更新日:

2022.11.30

お知らせ

テストで成果を上げるためにすべき「問題集」への取り組み第2回です。

行き当たりばったりな学習を大改革しましょう!

【2】基礎からやる

これはとても重要な考え方です。

問題集への取り組みは「問題集の基礎を極めるためにある!」と考えてください。

基礎 =「例題」とその「類題」です。

練習・標準・応用・まとめは、まずは無視です。

「例題」「類題」特化しましょう! 

なので①の逆算計算されたノルマはぐっと減ります。

だから、ここでもう1度逆算してみてください。

始めに逆算したときに「うっ!!」と思った人!

まずは「基礎問題のみに1点集中して極めてください」

【3】早く1周完了

 ①「逆算計画」

 ②「基礎からやる」 この2つから問題集をどこからやるから決まったら

問題集の全体像が一気に押さえられるので、

頭を使って計画的に戦略的に問題集を進められるようになります。

ゴールを知っているので取り組みがぐっと楽になるはずです。

今回基礎を素早く固めることによって

基礎のみ▶基礎が固まる▶標準▶応用 段階的に伸ばすことができます。

「問題集を極める」ために初めから全てをやり抜く必要はありません。

自分に必要なレベルの問題に向き合うことが大事なのです。

それでは、続きは次回にお話ししますね。

お電話でのお問い合わせ・お申し込み tel icon 0120-49-7676

資料請求

説明会に参加する